化粧箱の概要と制作するメリットについて

化粧箱

制作する化粧箱の構造と種類

表面に施す加工と白板紙のような素材、中に入れるものに合わせて選ぶ形状の3つの要素によって、化粧箱の構造が決められています。表面に文字や絵を印刷したり印刷面にフィルムなどで加工したりすると化粧箱のデザイン性が高まるほか、サイズや素材が同じものである場合でも、形状次第で強度と製造にかかるコストは大きく変わります。化粧箱の種類として最も一般的なのは、差し込むタイプの蓋と筒状の胴部を合わせた形であり、縦横どちらの方向でも使用可能なキャラメル式です。上部に付けられた取ってがポイントのキャリー式は、ケーキ用の箱として周知されています。

また、簡単に組み立てられるワンタッチ底や蓋がない箱などと組み合わせて使うスリーブといった種類もあります。化粧箱を制作して得られるメリット化粧箱を制作する1番のメリットとして挙げられるのは、印刷と加工によって高級感を出したり販促効果を向上させたり出来ることです。化粧箱はバリエーションが豊富であるため、商品のイメージに合うオリジナリティのあるものを制作すると、箱を開封しなくても商品自体が持つ魅力が伝わりやすくなるでしょう。また、見た目の美しさにこだわりたい、出来るだけ簡素にしてコストを抑えたいといった目的に合わせて自由に制作できるというメリットもあります。

商品のサイズが大きく、箱に収まらない場合や箱が大きすぎて中で商品が偏ってしまう場合は、オーダーメイドで商品に合った大きさや形状のものを制作することも可能です。

コメント