化粧箱の制作について

化粧箱

化粧箱の制作方法について

化粧箱とは、ダンボールなどの紙製品の箱の表面にオフセット印刷で装飾を施したものです。オフセット印刷を用いることにより精細な印刷が可能で、色についてもプロセス4色を使用する事により美しい仕上がりができるという特徴を持っています。よく見られる化粧箱としては、パソコンなどを収納した段ボールケースなどがあります。また、特殊なインキを利用することによって、他の印刷方法では再現できないような変わった効果も生み出すことができます。

さらに、表面に凹凸を施すなどの加工も可能であり、通常の印刷物では表現できないような立体的なロゴなどの表示を行うことも可能です。このような美しく特殊な表現ができることが化粧箱の特徴です。化粧箱の制作の際に注意する事化粧箱は、紙箱の表面に印刷を施すというものです。紙箱の表面に印刷を施すのメリットは、単に美しいというだけでなく、箱の表面の保護を行うという役割も持っています。

そのために、運搬などの取り扱いの際の箱の痛みを小さくするというメリットを持ちます。さらに、単純な印刷だけではなく金属箔を押して付着させるというような加工も可能で、優れた特徴を持つ化粧箱なのですが、制作の際に知っておくべき注意事項があります。それは、オフセット印刷という印刷技術の特性上、大きな箱の印刷には向かないということです。その理由は、印刷は箱にする前の展開した板紙に対して行うので、大きな箱の場合には印刷機に納まりきれないと言う制作上の問題が生じるからです。

コメント