化粧箱を制作する際の費用と品質を決める

化粧箱

化粧箱を制作する際の費用と品質を決める

化粧箱は物を詰める上で欠かせないアイテムでもあり、箱自体のデザインによっても大きくイメージは異なります。そのため制作する上では、予算と合わせて品質などもどうするかを細かく決める事が大切です。箱を通る上で素材となる紙なども、種類によって費用も異なり品質にも大きさな違いが生まれます。最初の段階で予算を決めたうえで、予算内で使用できる紙の種類を選ぶという方法がよりスムーズに進めるポイントの1つです。

先に品質だけを重要視して決めてしまうと、結果予算が足らなくなり途中で変更という事態になる可能性も高いです。予算を最初にしっかり決めたうえで、制作できる範囲を決めるという事が重要といえます。化粧箱の制作で表面加工によるイメージを決める化粧箱を制作する上で商品自体のイメージに大きく影響してくるのが、表面加工の方法になります。つるっとした表面にするのか、凹凸のあるデザインにするのかで商品自体のイメージが変わってきます。

表面加工の種類としては凹凸を付ける方法だけでなく、手触りに工夫を加えたりすべすべな状態にするなど色々な加工が可能です。表面の加工としてツヤ消しもあり、出来あがったイメージは高級感の他に暖かさや上品さを演出する事が出来ます。グロスやラメを加えると、逆に清潔感の他に輝きや光沢感といったイメージを与える事ができるのも魅力です。表面加工によって様々な姿に変え事ができるので、しっかりイメージと合わせて作る事もポイントとなります。

コメント