化粧箱を制作するメリットや注意点

化粧箱

化粧箱を制作するメリット

化粧箱とは従来印刷や箔押しをした箱のことで、贈答品に高級感を与えるために使われてきました。青果物を入れる贈答箱は法事などのお使い物に利用されるせいか美粧ダンボールが多く、特に青果物関係の贈答箱を指して化粧箱と呼ぶこともあります。現在はオフセット印刷を利用した紙器全般を化粧箱と表現しています。ダンボール箱と比較してオフセット印刷による繊細な印刷ができる他、プレス加工や箔押しなどの表面加工で多彩なバリエーションがあり、見た目が華やかで高級感のある箱を制作できます。

多色のインキを利用するので写真やイラストの再現性も高く、独自の色を作ることもできるので企業カラーを使った化粧箱を制作して製品の販売促進につなげることも可能です。

化粧箱を制作するときの注意点

化粧箱のデザインはオフセット印刷や表面加工で自由度が高く、お菓子や缶、レトルト食品やビール、ワインなどの割れ物を入れるためなどに使われています。板紙と呼ばれる厚い紙をベースに制作されていることが多く安価で、軽いものを入れるのに向きます。しかし板紙の一般規格品のサイズは小さく、それ以上になると箱の形状の変更やサイズの調整などが必要になるため大きな箱を作ることは困難です。

多彩な表現が可能になる一方で、加工賃や加工の工程数などが増えコストがかかるというデメリットがあります。見た目の美しさや販売促進の効果を狙うのか、内容物を守って運搬するだけでいいのかなど目的によってダンボール箱との使い分けをするとよいでしょう。化粧箱の制作のことならこちら

コメント